2007年06月14日

本格的な作業に入る前に・・

しゃ〜れぃぃ〜〜exclamationexclamationexclamation

昨日自分が実際したことなんですけど、まず午前中は技能試験の採点ののポイント、ケーブル工事の寸法のとり方、複線図の書き方を主にプリントを見ながら勉強しました。 その中でも寸法のとり方だと、電線やケーブルの長さは正確に測ることが大切だが短い長さの時は、ナイフやペンチに油性マジックで印をつけるだとか、自分の手の指で寸法を測るとかすると確かにいい方法だと思った。 あと配線図を複線図に変換する練習はただそのまま変換するんじゃなく、ちゃんと理解して正確に書かなくちゃいけないので多少慣れもあるとは思うけどまだまだ練習がたりないなぁと感じた。

午後からは実技に入る前に基本的な作業をした。
 まず絶縁被覆と外装のはぎとりをした。 次に結線用の輪をつくった。その時露出用のコンセントやレセプタクルやスイッチなどに電線を結線する場合は、電線の心線を器具の端子ねじにあった輪づくりにしなければなりません。 最後にリングスリーブの取り付けを圧着ペンチでしました。 このくらいの作業しかしてないんですけど、電工ナイフや圧着ペンチが少し危ない工具だと感じました。

電気工事士に関してはこんなとこで。。

ところで昨日は暑くて暑くて大変だったよねぇバッド(下向き矢印)もうサッカーでもバイトでも汗出まくりだったしねぇふらふらみたいな感じで今日は落ちついて一日を過ごそうと思ってまっすわーい(嬉しい顔)手(パー)

ではでは今日はこんなところで終わっちゃいます手(パー)手(パー)
posted by 仙道 at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちっちゃいっていうな!!
Posted by フジモン at 2007年06月14日 11:27
クロンボーーーー!!!!!!!!
Posted by ハビン at 2007年06月14日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44787741

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。